施術方法とその特徴

医者と看護師

埋没法の特徴

二重整形には、埋没法と切開の2タイプが代表的な施術法です。まず埋没法は、細い糸を使い二重にする方法です。そのお手軽さからプチ整形とも呼ばれています。手術時間は大体10~30分程度となっています。痛みが少ないので切開をするのが怖い、という人におすすめです。術後の腫れも少なく、仕事をなかなか休めない社会人の方にもピッタリです。しかし、埋没法は持続性があまり期待できないのが難点です。しばらく年月が経ってしまうと、二重が目立たなくなってしまう可能性もあります。埋没法のポイントは、理想の二重にならなかったという場合でも元の一重に戻すことが可能という点です。費用も比較的リーズナブルなので、整形デビューしたいという人は埋没法を行ってみてはいかがでしょうか。

切開法の特徴

切開法はパッチリとした並行二重を半永久的に手に入れることができます。ずっとパッチリとした二重でいたい、という人には切開法がおすすめです。まぶたの脂肪が厚いと埋没法をしても一重に戻りやすいため、まぶたが腫れぼったい人も切開法での施術が良いでしょう。切開方法はメスを使うことにより、埋没法ではできない技術でしっかり二重を手に入れることができます。メスによる不安がないのであればぜひ切開方法にチャレンジしてみましょう。埋没法よりコストはかかりますが、二重がとれにくくはっきりとした二重ラインが手に入るのが大きなメリットです。

目頭切開について

目と目の間が離れている、蒙古ひだが目立つといったお悩みをお持ちの方も少なくありません。それを解消するのにピッタリなのが、目頭切開です。目頭切開は、その名の通り目頭をメスで切開しパッチリとした目元にする方法です。この目頭切開のポイントは、蒙古ひだ解消だけでなく目のパーツの位置がバランス良く見える効果があることです。目頭切開にも「Z型形成」「W型形成」などいくつかの施術方法があります。Z型形成はZの形にメスを入れて切開する方法で、傷跡が目立ちにくいのが大きなポイントです。W型形成は、切開した部分の糸の縫い目がwの形になっているためこの名前となっています。目頭が上下に広がるためパッチリとした大きな目元になることができます。このような施術方法がありますが、目の特徴や目指す目元によってどの方法を行うかを医師と相談して決めます。

Copyright© 2019 目元の印象が良くなる!理想のパッチリ二重に変身 All Rights Reserved.